NULLリムーバークリームは髭にも使える?

NULLリムーバークリームはヒゲの除毛にも使えるの?

手軽に除毛できるのが魅力のNULLリムーバークリーム。

 

これだけ簡単にムダ毛がケアできるなら、髭にも使いたい・・・という方もいるんじゃないかと思います。そこでここでは髭への使用の可否をまとめてみました。

 

NULLリムーバークリームで髭の脱毛はNG!

NULLリムーバークリームでの除毛は、効果が高いためどこにでも万能のように感じるかもしれませんが、基本的にデリケートな場所への使用は推奨されていません。
その、代表的な場所は顔や、髭です。
ほかにもVIOゾーンの様な場所にもおすすめはしません。
NULLリムーバークリームの中にはチオグリコール酸カルシウムという成分が含まれています。これは除毛するうえでなくてはならない成分です。
効果としては、毛穴の周りの組織を溶かすことに役立っています。それくらい効果の高い成分なため、通常除毛されやすい腕や足などの皮膚に対して使用されることを想定してNULLリムーバークリームが作られてます。腕や足の皮膚は比較的分厚いので問題ないのですが、髭が生える顔などは、皮膚が薄く刺激に関して敏感箇所で使用した場合、人によっては、かゆみ、痛み、肌荒れなどを起こす可能性があります。
ですので、例えパッチテストで等で問題ないからと言って、髭の除毛、顔に塗るようなことは基本的にしないで下さい。

 

 

そもそも除毛クリームは髭の処理に適していない

体の中でも特に毛が生えやすいのは髭です。女性の方は実感する経験が少ないかもしれませんが、男性ならわかるという方も多いはずです。
そして、髭を処理するためにNULLリムーバークリームは購入しようとしている方、またはもう購入してしまった方もいるかもしれません。
残念ながら、髭に使用することは推奨されていません。
先程も伝えたように、髭の生える顔などの場所は、皮膚も薄く、デリケートで、刺激に対しても強くないという理由が一つ。
それに、髭は体の中でも、すぐに生えやすいという事も伝えましたが、そうなると使用頻度もあがり、毎日使用しなくてはいけなくなります。人によっては一日に二回も使う人もいるそうです。
もともと適していない場所に、毎日同じ場所に使用することを考えてみてください。
いくらNULLリムーバークリームが優秀で、皮膚の保護をしてくれるからと言っても、限界があります。
おそらく、効果は出るでしょうが、使っていくうちに皮膚が限界を迎え、結果、髭が生えてきているのに皮膚がNGという理由で使えなくなることもあります。
毛は生えるのは早いですが、皮膚が異常から正常に戻るのはすごく時間がかかります、人によっては後が残ってしまう事にもなりかねません。
ですので、髭の除毛のためにNULLリムーバークリームを使用するのはおすすめしませんし、適していません。

 

 

髭をなんとかしたい方は抑毛ローションを使おう

髭にはダメだと言われてもどうしても何とかしたいという方にはNULLアフターシェーブローションがおすすめです。
こちらは除毛というよりは抑毛に効果があります。
使用方法は、髭剃りのあとに塗るだけ!
ただそれだけです。
NULLアフターシェーブローションのなかには男性ホルモンを抑える成分もあり、髭の処理をしてから、次に髭が生えるまで時間を長くしてくれる効果があります。
毎日の髭の処理は大変、時間を有意義に使いたいという方へは、その手間も減らすことが出来るのでおすすめです。
ほかにも保湿、毛穴を締めるなどの効果もあるので、髭処理以外の使用も可能ですし、毎日のスキンケアに使用している方もいます。
男性用のイメージもあるかもしれませんが、皮膚のデリケートな女性も使用出来るように製造されているので、日ごろからの使用も安心できます。
実際に、抑毛効果として使うという訳ではなく、日ごろの乾燥、肌荒れ、それにリフレッシュしたいとき、気分を変えたいときに使うという男女が多いです。
NULLアフターシェーブローションのパッケージ、商品の外観もオシャレなので、除毛、抑毛が恥ずかしいという方でも、積極的に購入して思う存分効果を味わってください。
ぜひ、NULLアフターシェーブローションを使用してみてください。

 

page top